×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小学校 転校手続きナビ

小学校 転校手続きナビではどのような手順で転入・転出ができるかを記載しています!



このサイトでは、小学校 転校手続きについての情報を記載しています。このサイトでは口コミなどでわかりにくかった小学校 転校手続きと検索してきたユーザーに対して、適切な答えをレスポンスするとともに、春や夏や秋や冬に合わせた新たなる転機のための小学校 転校手続きと検索してきた方へ迷いなくスムーズに誘導できるようなコンテンツを作成するとともに、小学校 転校手続きについて理解できるようなコンテンツにしようと努力しています。小学校 転校手続きへと引っ越しが決まったら、まずやることは学校へ連絡です。夏休みだろうが冬休み期間だろうが小学校 転校手続きしたい方は、担任へ連絡しましょう。そうすることでスムーズに転出や転入ができるとかと思います。小学校 転校手続きをするんであれば、必要書類などお住まいの地域によって違いますが、小学校 転校手続きする際は必ず「在学証明書」「教科用図書給与証明書」の二点が必要です。忘れずにしてください。小学校 転校手続きするには例えば小学校の行事など色々とあると思われますが、小学校 転校手続き先の市町村区で特徴が変わってきます。そういったことを考えるとお子さんが色々な環境でこれからその受け入れ先の学校で新たな友達ができるか?いじめはないか?PTAはどうか?など小学校 転校手続きと検索してきた人は気になると思います。しかし受け入れるしかありません。旦那の転勤や離婚などで小学校 転校手続きすることもありますが、お子さんを信じていれば大丈夫だと思います。それでは要件ながらこちらのメインコンテンツである小学校 転校手続きのサイトをごゆっくり堪能ください。

 

小学校 転校手続きナビ

 

小学校 転校手続きナビ

 

 

小学校 転校手続きナビ

 

転校手続きの大まかな流れ

 

地域によって多少異なりますが、一般的な流れをご説明します。

 

小学校 転校手続きナビ

 

1:現在通っている小学校の担任に連絡←どの地域でも一番最初にやることです、あとは先生が熟知しているため教えてくれます。
2:現在通っている小学校から転出届の用紙をもらう
3:転出届の用紙に新住所等の記入をして転出予定日を記載して提出
4:区役所に新住所を知らせ学区の確認
5:新学区の小学校に転入予定の連絡の電話を入れる
6:※役所の方から小学校の転入先の担当は副校長先生と聞き、副校長先生あてに電話
7:教育委員会に電話※転入先の担当である副校長先生の指示で教育委員会に電話

 

以上のような流れで転校手続きを終えられたとの事です。

 

また、その後は

 

1:転出前の学校の最終登校日に教科書の証明書と在学証明書を頂く
2:転入し役所や近くの出張所に住民票の手続きに行く
3:転入の手続きの際入学通知を頂く
4:転入日近くになったら、一度何日で転入するという旨を小学校に伝えておく

 

どの地域でも必須なのは、「在学証明書」「教科用図書給与証明書」この2つは共通して必要です。まずは学校へ連絡することから始まります。小学校の県外へいくさいの転校手続きをいくつかの例にとって説明します。

 

名古屋市の市立小・中学校への転校手続のケーススタディ

 

市立小・中学校への転校手続は

区役所市民課(支所管内では支所)で転居届をしていただきますと、通学する学校名を記載した通知(転入学通知書)をお渡しします。転入学通知書と転居前の学校より発行された在学証明書、教科用図書給与証明書を持って、転居先の学校にて手続きをしてください。

 

学区外通学・区域外就学

就学する市立小・中学校は、基本的にはお住まいの住所によって学校を指定しています。しかし、「市内で引越したが、もうすぐ卒業なので今通っている学校で卒業したい。」などの許可基準に該当する場合は、指定された学校の変更を申請することができます。

 

国立・私立の小・中学校への転校は

国立・私立の小・中学校へ転校する場合は、その学校の「入学承諾書」等を区役所市民課(支所管内は支所)へお持ちください。

 

 

品川区の公立小中学校 転入・転出の手続きの場合

 

転入するとき

区外から品川区の学校へ転校するときは、在学していた学校が発行した「在学証明書」と「教科書給与証明書」をお持ちください。
手続きは「転入届」と一緒にできます。区内での異動も同じです。

 

転出するとき

区外の学校へ転校するときは、在学していた学校から「在学証明書」と「教科書給与証明書」を発行してもらい、新しい住所地の教育委員会に届け出てください。

 

 

横浜の場合、国・私立の小・中学校手続きは?

 

区内の引越しで学区(学校)が変わる場合

 

  1. 現在、通学している学校に転学の届出をし、在学証明書・教科用図書給与証明書の交付を受けます。
  2. ※新しい学校にも電話で事前に連絡してください。(受け入れ準備のため)
  3. 引っ越しが終わってから神奈川区役所へ住所変更の届出をします。その際、在学証明書・教科用図書給与証明書を提示してください。
  4. 区役所から、入学通知書の交付を受けます。
  5. 転入校へ、在学証明書・教科用図書給与証明書・入学通知書を持参し、入学手続きをします。
  6. ※引越ししても、学区が変わらなければ、転居の届出をしていただくだけで結構です。

 

 

 

神奈川区から市内の他の区へ引っ越しで学区(学校)が変わる場合

 

  1. 現在、通学している学校に転学の届出をし、在学証明書・教科用図書給与証明書の交付を受けます。
  2. ※新しい学校にも電話で事前に連絡してください。(受け入れ準備のため)
  3. 引っ越しが終わってから新住所地の区役所へ住所変更の届出(神奈川区へくる必要はありません)をする際、在学証明書・教科用図書給与証明書を提示してください。
  4. 区役所から、入学通知書の交付を受けます。
  5. 転入校へ、在学証明書・教科用図書給与証明書・入学通知書を持参し、入学手続きをします。
  6. ※引越ししても、学区が変わらなければ、転居の届出をしていただくだけで結構です。

 

 

 

横浜市外への引越し、あるいは、市外からの引っ越しの場合

 

  1. 現在、通学している学校に転学の届出をし、在学証明書・教科用図書給与証明書の交付を受けます。
  2. ※新しい学校にも電話で事前に連絡してください。(受け入れ準備のため)
  3. 居住している住所地の役所に転出の届出をし、転出証明書の交付を受けてください。
  4. ※転出する住所地の役所では、学校の手続きはありません。
  5. ※住民基本台帳カードをお持ちの方がいる場合、付記転出届けをすることができます。
  6. 引っ越しが終わってから新住所地の市区町村で転入の届出をします。その際、転出証明書と在学証明書・教科用図書給与証明書を提示してください。
  7. ※付記転出をされた場合は、住民基本台帳カードをお持ちください。
  8. ※市区町村によっては、学校関係の手続きは、教育委員会へ行う場合があります。受付窓口など詳しくは新住所地の役所にご確認ください。(横浜市の場合は、区役所の戸籍課でおこないます)
  9. 新住所地の役所で、入学通知書の交付を受けます。
  10. 転入校へ、在学証明書・教科用図書給与証明書・入学通知書を持参し、入学手続きをします。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。引っ越しが決まったら、まずはあなたのお子さんが現在通われている学校へ連絡することから始めましょう。

 

転校手続きに関することは先生が熟知しているはずなので、あとはそれに従えば分かります。

 

 

▼ 引っ越し費用を安くしたくありませんか? ▼

 

→ 引っ越し費用を激安にする方法をご覧ください

 

これを知らないだけで引っ越しの値段が倍変わる!引っ越しを激安にする方法とは?

 

小学校 転校手続きナビ